恥辱の少年院

R-18

恥辱の少年院

  • ダウンロード商品
    default
    ¥ 1,800

罪を犯し少年院へと送られる少年たち。 少年院の中では、少年たちは教官によって徹底的にプライドを剥がされ、辱められ、娑婆っ気を抜かれる。思春期真っただ中の少年たちであっても、全裸に剥かれ、まだ初々しい白さで皮も被ったままの男の証を強制的にさらけ出させらる。それだけではない。有無を言わさず、四つん這いにされて、肛門を拡げられ、教官たちから馬鹿にされ笑われる。 自由を奪われた少年たちは、素っ裸にされて屈辱的な身体検査のポーズを取らされ、まだ成長しきっていない男の証が揺れるのを笑われたり、四つん這いにされて、お尻の穴に指を入れられ、前立腺を言いられたりして辱められる。ここでは少年たちに人権がないのだ。 少年院に送られた少年たちは、イチモツも肛門も少年たちの自由にはできず、教官や勤務医によっていじられ、幼いながらに男としての性を弄ばれ、自分の体がもはや自分の物でないことを教えられる。 犯罪を犯した少年たちが、あどけない顔を真っ赤に染めながら、プライドを叩き折られ、自尊心を奪われる少年たちをお楽しみください。 116ぺージ。画像13枚。約70000字。 えんぴつ画伯 1【護送】 2【カンカン踊り】 3【肛門検査】 4【陰部扱き】 5【陰部摩擦罪】 6【射精検査】 7【おまる】 8【身体検査】 9【肛門診察】 10【革手錠】 11【かゆみ薬】 12【浣腸液】 13【カンカン踊り2】

罪を犯し少年院へと送られる少年たち。 少年院の中では、少年たちは教官によって徹底的にプライドを剥がされ、辱められ、娑婆っ気を抜かれる。思春期真っただ中の少年たちであっても、全裸に剥かれ、まだ初々しい白さで皮も被ったままの男の証を強制的にさらけ出させらる。それだけではない。有無を言わさず、四つん這いにされて、肛門を拡げられ、教官たちから馬鹿にされ笑われる。 自由を奪われた少年たちは、素っ裸にされて屈辱的な身体検査のポーズを取らされ、まだ成長しきっていない男の証が揺れるのを笑われたり、四つん這いにされて、お尻の穴に指を入れられ、前立腺を言いられたりして辱められる。ここでは少年たちに人権がないのだ。 少年院に送られた少年たちは、イチモツも肛門も少年たちの自由にはできず、教官や勤務医によっていじられ、幼いながらに男としての性を弄ばれ、自分の体がもはや自分の物でないことを教えられる。 犯罪を犯した少年たちが、あどけない顔を真っ赤に染めながら、プライドを叩き折られ、自尊心を奪われる少年たちをお楽しみください。 116ぺージ。画像13枚。約70000字。 えんぴつ画伯 1【護送】 2【カンカン踊り】 3【肛門検査】 4【陰部扱き】 5【陰部摩擦罪】 6【射精検査】 7【おまる】 8【身体検査】 9【肛門診察】 10【革手錠】 11【かゆみ薬】 12【浣腸液】 13【カンカン踊り2】